乃木坂(坂道系アイドル)を意識した名前のAV女優を評価してみた

日本のアイドル界を席巻し、紅白のアイドル枠を根こそぎ持っていくレベルになっている、いわゆる”坂道シリーズ”ですが、AV界もその波に乗っかりたいのか乃木坂を中心とした、いかにも坂道を意識していますという名前のAV女優が数多く登場し始めております。

果たして坂道的ネームを付けた彼女たちは乃木坂みたいにカワイイのかクラスの清楚マドンナのような可愛さ美しさを保っているのか実際に見てみましょう。

坂道みる:坂道度70点

Twitterでは抜群の可愛さを誇る坂道みるちゃん。2018年のアダルトアワードも取っている子なので間違いありません。ただ乃木坂系かと言われると個人的には微妙。可愛さがガーリーロリの要素が強いので、AKBやハロプロのほうがしっくりきますね。

実際のAV上では前戯まではSNSのような可愛さは8割保っています。ただチンポが入った後の喘ぎ顔は結構崩れてしまいオバサンっぽさが出ちゃうのも事実。一番かわいいのはメイドの作品ですね。最近のはひたすらイカせるみたいな趣向が多く喘ぎ方が可愛くないです。

坂道みるの一番坂道っぽさがある作品

乃木蛍:坂道度50点

アイドルっぽいのは分かるが乃木坂系統ではない。。とりあえずアイドルみたいじゃん?乃木って付けとけばええんや、という感が否めない。

実際の映像ではSNSよりぽっちゃりしているので、そもそもぽちゃがダメという人にはオススメできません。喘ぎ方はザ・演技という感じでして、、妹モノで「きもちいいよ、お兄ちゃん」みたいな方向性です。デビュー当時より痩せてきているので最新作を見ていくのがベストです。

乃木蛍の可愛い作品

汐乃木あやみ:坂道度30点

パケ写詐欺の総本家kawaiiレーベルのパケでこのレベルです。いや坂道じゃない…どちらかと言うと美人人妻とかのほうがしっくり来る、年配感を感じてしまいます。そっちの方向で売ったほうがいいんじゃないかな。

中身の顔も完全美人人妻です。裏パケとかを宣伝文句を見てると日向坂あたりを意識してると思われますが方向性設定ミスと言わざるを得ない。

夕乃木ちゃんの爽やかそうな作品

乃木坂美少女図鑑 あいちゃん:坂道度20点

FANZAで乃木坂と検索したら出てきました。あいちゃん、とありますが神楽唯ちゃんですね。別の作品では地下アイドル設定でしたよ!そっちのほうがいいよ!

乃木坂設定は厳しすぎ、地下アイドルに量産されていそうなビジュアルでして、地下アイドルと繋がってヤるみたいな方が俄然抜ける作品になると思います。

地下アイドルモノのほう貼っときます

渚みつき 職業「パパ活」の乃木坂系美少女 :坂道度40点

渚みつきちゃんが乃木坂系統として押されている作品。2019年勢いに乗ってる企画系も多数出る女優です。結構パッケージにはキレイ系で出ますが、実物はロリ度がめちゃくちゃ強いです。JCでも通るようなあどけない顔で好きですね。なので坂道ではなく完全ハロプロ顔なのです。

十分抜けますが乃木坂を期待してみると、ロリやんけ!となってしまいます。

渚みつきちゃんの坂道意識作品

桃乃木かな:坂道度55点

桃乃木ちゃんは乃木坂に似てるからではなく、多分本人が乃木坂のファンだからこの名前になったんだと思います。可愛さが強く坂道的な清楚でシュッとした印象は少なめです。ビジュアルはダントツですし、2018年位から可愛さ特化の作品が多くてAV業の方も良くなってきました。

最新ベストモノがコスパ高いかな

乃木坂を意識したAVのまとめ

AVの出演女優は世間流行から遅行する、という論説があります。つまり今世間で人気の顔や雰囲気の子は、モデルやグラビアで仕事があるのでそちらに流れます。しかし世間の流行が終わると、その顔、雰囲気の子は仕事がなくなり風俗やAVの方に流れてくる、という論理です。

実際に一昔前はキャバクラのキレイなお姉さんといった層がAVの主体でした、吉沢明歩、波多野結衣、あいだゆあ、及川奈央なんてその筆頭です。

そして現代、ハロプロやAKBが下火になるなか、アイドル顔のAVがドンドン増えてきました。おそらく走りは瑠川リナあたりですが三上悠亜をはじめとして実際にアイドルやってた子のアダルトビデオ参戦も増えてます。

この流れを踏まえると、乃木坂のようなスラッとした清楚で喘ぎ顔もスマートでシュッとしたキレイな女の子のAV出演は、坂道シリーズが落ちぶれた後に増えると考えられます。

乃木坂の人気メン卒業、欅坂と日向坂へ分裂派生というハロプロとAKBが落ちていったルートに漏れなく坂道グループも乗っているので、そう遠くない未来に清楚少女があられもない姿で喘ぐシーンを拝めると確信しています。

欅坂激似AV